HOME
会社概要
会社概要
役員紹介
TOPメッセージ
お問い合わせ
ホームページ
ホームページを持つ意味
実績No.1 ホームページパック
集患・増患(販売促進)
歯科医院経営診断プログラム
インプラント成功のための5つの方程式
新患を2倍に増やすホームページ作成方法
自費治療売上げをアップさせる3つの方法と、決め言葉
自費アップホームページパック
歯科医院向けポイントプログラム
歯科へ行こう!とは
ポイントチケットシステム
ポイントチケットシステムの流れ
ポイントチケットシステムの料金
歯科へ行こう!広告掲載ラインナップ
歯科材料購入
デンタルデータバンク

先生、こんなことあてはまりませんか?メディカル・コミュニケーションズ歯科経営ノウハウ集。

近隣エリアで口コミを起こしたい

「財布は女性が握っている」


太古の昔から変わらぬこの生態は現代でも変わらず、マーケティング上、


「女性に嫌われたら終わり」なのです。


弊社の患者さん実態アンケート調査では、「通っている(通っていた)歯科医院に、『もう行きたくない!』と思ったことはありますか?」という質問に対して、


男性は「ある」が49.2%
女性は「ある」が66.2%


明らかに女性のほうが歯科医院の治療サービスに対してシビアなのです。(調査主体:メディカル・コミュニケーションズ㈱/日本歯科新聞社発行・アポロニア21・4月号に掲載)


先生方のクリニックでは女性患者さんの方からの支持は得られていますか?

男性の脳と女性の脳が仕組み上違う事はよくテレビなどで目にすると思います。


結果を重視する男性脳
過程を重視する女性脳


そして、もう1つ大きな生態の違い。
それは、大きな視点を主とする男性脳と1つ1つを個別に見極める女性脳。


男性は、治療さえうまくいけば意外とそれ以外のことはそれほどこだわらない傾向
女性は、1回1回シビアに積み上げていきたい。


「口コミを展開する」
これは女性をターゲットに展開することが重要なのです。


男性の方は想像してください、


奥様・彼女の財布にポイントカードが何枚ぐらい入っているか・・・・・


そして、奥様・彼女は同じ物を購入するのであれば、ポイントカードを保有しているお店にこだわり、電車を乗ってでも保有ポイントカードのお店に買いに行く実態。


逆に男性は「ポイントカードを作りますか?」の問いに対して「いえ、結構です」と、まるで作ったところで財布に眠る事を宣言しているような返事。


そして、男女に限らず目にした事はありませんか?
ポイントが貯まる事を、ポイントカードを見せながら人に伝えているシーンを。


弊社の運営サイト「歯科へ行こう!」http://www.icou-dental.jpをご覧になってみてください。


●口コミランキングに表示されている。
●都道府県リストでランキング上位に表示されている
●1件でも他の患者さんの意見・口コミがはいっている。


あなたが患者さんだったら、


「自分が通っている医院に口コミがはいっていない、、近くの医院におススメの口コミが入っている、、、」


どちらを選びますか?


また、歯科へ行こう!の口コミ情報はGoogleMAP上で採用されており、表示されています。
今すぐ、歯科へ行こう!上に口コミ・書込みを増やす方法についてお問合せください。
投資費用は小さく運用でき、患者さんを離さない方法、教えます。



メールでのお問い合わせはこちら